HOME>特集>ロレックスを長持ちさせるオーバーホールをプロに任せよう

ロレックスを長持ちさせるオーバーホールをプロに任せよう

修理

オーバーホールとは

ロレックスの腕時計を愛用しているなら、オーバーホールのことも念頭に置いて使う必要があります。時計内部は精緻な造りとなっており、繊細な部品がたくさん組み込まれています。休まず動き続けていれば、年々部品が摩耗してきますし潤滑油も不足します。そのため、長く大切に愛用していくためにはプロによるメンテナンスが重要になります。ロレックスのオーバーホールを請け負っている時計専門店はたくさんあるので、気になる方は依頼してみましょう。専門店では、分解洗浄した後、各部品を点検し、注油や必要に応じて部品交換もしてくれます。また、一定の時間をかけて動作チェックも行われるため、手元に戻る時には完璧な状態になっています。長く愛用するものだからこそ手間をかけねばなりませんし、手間をかけるほど愛着も沸くでしょう。

案内

どのくらいの頻度で依頼するべき?

そして、ロレックスにとってオーバーホールが重要なればこそ、その頻度も意識したいものです。高い精度を保たせながら使っていくためには、3年から5年に1度のペースで依頼するのが良いとされています。期間に幅があるのは、個人によって使用環境が違っているからで、過酷な状況で使い続けていれば当然頻度も短くなります。特に屋外での使用時間が長い方などは、最低3年に1度のオーバーホールを考えた方が良いでしょう。また、忙しくて手入れをする時間が取れていない方も、早めのオーバーホールで不具合を防いでおくと安心です。一方、自宅に保管している時間が長い場合は、それほどオーバーホールを意識する必要はありません。ただ、全く行わなくて良いわけではないので、購入後5年を過ぎたあたりで1度専門店に依頼することがおすすめです。

カテゴリ一覧